アルファのブログ

ことば、計算機、SF、ヒコーキ

alpha3166 alpha3166

WinDVD Pro 12が酷かった話

2019-04-30作成

最近、とあるアニメのBlu-ray BOXを買ったので、これがPCでも見れたらいいなと思い、Corel WinDVD Pro 12のパッケージ版を購入したら、これが思いのほか酷かった。

シリアル番号がちゃんと入らない

製品のDVD-ROMをセットしてインストーラを立ち上げると、まずシリアル番号の入力画面になる。同封されている「シリアル番号カード」に記載の7桁×4個の文字列をその通りに入力するが、なぜか不正な番号だと言われる。よく見ると、4つ並んだ入力ボックスの2個目と3個目と4個目で、1番目と2番目の文字が逆転している。自分がタイプミスした可能性もゼロではないが、普段こういうミスはあまりしないのと、まったく同じ間違いを3箇所もするとは思えないので、入力ボックス側の処理がおかしい可能性が高い(なお、のちに再インストールを試みたときには、この事象は発生しなかった)。

更新が見つからない

インストールが終わり、意気揚々とアニメのディスクを入れると、こんなダイアログが表示された。

新しいタイトルを再生するにはいくつかのモジュールをアップデートする必要があります。アップデートを行うにはインターネット接続が必要となります。Corel社のウェブサイトに接続して最新のアップデートを確認するには[はい]を押してください。

[はい] [いいえ]

[はい]を押すとブラウザが立ち上がり、Corelのサイトに飛ぶが、「エラー」のページが表示されているだけ。曰く、

現在ご使用中のプレーヤーに有効な新しいキーやパッチはありません。次のことも確認してください。

  • システムの日付は正しく設定されていますか。
  • ご使用になるプレーヤーはハイビジョン ディスクの再生に対応していますか。
  • ドライブが無効になっていませんか。
  • ディスクが無効になっていませんか。

詳しいサポートが必要な方は、テクニカルサポートへお問い合わせください。 ( Ticket xxxxxxx, Error ID is r13 )

仕方がないので、どこか別のところからそのアップデートとやらを入手できないかと思い、Corelのホームページの「サポート」から「アップデーターダウンロード」に飛び、「WinDVD」を選ぶと、その先にアップデートのリンクが並んでいた。

WinDVD Pro アップデート

  • WinDVD
  • Corel Digital Studio
  • WinDVD 12 Pro
  • WinDVD 11 Pro
  • WinDVD 11
  • WinDVD 2010 Pro
  • WinDVD 2010
  • WinDVD 9 Pro
  • WinDVD 9 Plus
  • WinDVD 9
  • Corel Digital Studio 2010

ところが、「WinDVD 12 Pro」をクリックしても、(URLは変わるが) 画面上は何も起こらない。というか、ほかのどのリンクを押しても何も起こらない。ブラウザがおかしいのかと思い、iPadのSafariなどで試してみても何も起こらない。英語版のサイトからやってみても何も起こらない。なんじゃこの意味のないアップデートページは。

しばらく途方に暮れていたが、WinDVDのアプリ本体の画面を眺めていたら、画面の上部中央に赤い丸があって、ポインタを当てると「ソフトウェアの更新があります」的な文言が表示されている (記録を取っていなかったので、正確な文言は不明)。このボタンをクリックすると、サービスパックのダウンロードとインストールが始まった。最初のインストールと同じくらいの時間がかかって、更新作業は完了した。

10秒ごとに雑音が入る

これでようやくBlu-rayの再生が可能になったのだが、視聴を始めてすぐ、音声に「ビビッ」というような雑音が入ることに気づく。ストップウォッチで測ってみると、10秒弱ごとに定期的にこのノイズが入ることが分かった。かなり明瞭なノイズで、こんなのが10秒おきに来ると、とてもじゃないがコンテンツに集中していられない。なんとかならないかとあちこち設定をいじったり、PCを再起動したりしてみたが、なにをやっても全く症状が変わらない。別のディスクでも同じ事象が出るので、コンテンツ側の問題ではない。別のBlu-rayドライブでも試してみたいところだが、あいにく手元にはこのドライブしかない。

再インストールで更新の取得が不能に

最後に、効果があるかどうかはわからないが、一度WinDVDをアンインストールして、もう一度最初からやり直してみた。

製品のDVD-ROMをセットしてインストーラを立ち上げると、今度はシリアル番号が最初から表示されている。どうやら、完全にアンインストールされたわけではなさそうだ。

そのままインストールを終え、アニメのディスクを入れると、あの

新しいタイトルを再生するにはいくつかのモジュールをアップデートする必要が……

というダイアログが再び表示された。[はい]を押してもエラーページに飛ぶのは同じ。

では、と、また画面上部中央の赤いボタンからサービスパックをインストールしようと思ったら、今回は最初からそのボタンが緑色にチェックマークの表示になっていて、ポインタを当てると「ソフトウェアは最新です」と表示される。そして、このボタンを押しても何も起こらない。つまり、もはや更新を入手する手段は絶たれたということだ。

雑音交じりの再生すら不可能に

そんなわけで、うっかり(?)再インストールなどしてしまったがために、雑音交じりのBlu-ray再生すらかなわなくなってしまった。Windowsのクリーンインストールからやればまた更新が可能になるとは思うが、今はまだそこまでやる気が起きない。というか、たぶんもう二度とイントールしないね、このソフト。

Corelのサポートに連絡するという手段も残ってはいるが、ウェブで皆さんの過去事例を見る限りでは、やり取りの末に「ごめんね」で終わり、というパータンが散見されるので、それに労力を割くかどうかも微妙なところ。せめて、起こった事実だけでもここにメモしておこうと思う。